卒業試験が終わりました。

朝に関西を出発し、開始時間の1時間前に到着。
図書館で論文のプレゼン資料を最終確認。
 ※10分のプレゼンをするよう言われていたため
15分前に(初めて)事務局本室へ行きました。
名前を呼ばれ、厳封された封筒を受け取り、研究棟で待機。

会議室へ通され、軽く挨拶した後、早速プレゼンへ。
練習では時間以内だったのに10分以上かかってしまい、焦りました。
その後、質疑応答へ。
副査の先生からごもっともな意見を言われ、研究不足が露わに。
主査の先生に助言をいただきましたが、自分の力で説得力のある法律議論ができませんでした。
力不足を痛感したところで時間終了。
卒論の取扱いを確認したところ、「貰います」とのことでそのまま預けました。
事務局へ戻り、その旨報告し、全て終わったのでした。

特に「やっと終わった感」はありませんでした。
すぐに歩いて帰る気にならず、校庭のベンチでぼーっとして気持ちを切り替えるための時間をやり過ごし、最後に銅像の福澤先生にお辞儀をし、東門から出てキャンパスを後にしました。

とりあえず、結果が出るまでの一ヶ月ぐらいはゆっくりしよう。
その後の身の振り方はそれから決めよう。
スポンサーサイト
2016.09.04 卒業試験準備
卒業試験が近づいています。

私の場合は、30分の試験時間で、うち10分は卒論の説明をせよ、と言われています。
なぜなら、副査の先生は卒論は見ておらず、事前提出した卒論要旨しか見ていないためとのことです。
しかし、要旨を見ただけで全てお見通しだと思いますので、プレゼンの仕方や法の理解度を見られるのかな?、と思ってしまいます。

当初パワポは作らず、A4紙一枚でワードでポイントを箇条書きした資料を見ていただくつもりでしたが、パワポの方が良いなと思いはじめ、せっせと作成中です。
同時進行で想定問答と関連科目の議論のチェックを行っています。

もうひと踏ん張り。間に合わせます。
通信を始めてからおよそ3年、地方組にとってスクや試験やらで家を空けることが多くなり、多感な時期の子供たちと過ごす時間の少なさが気になっていました。

今年は自称キャンパーとして親父のカッコイイ姿を見せようとキャンプに行きました。
雄大な自然を探検した後、いざサイトに着くと本格的な雨に(泣)。
雨の中、タープの下でBBQとなりました。
着火は親父の腕の見せ所。雨で着火するかヒヤヒヤしていたので平然を装いつつも、うちわの振りが大きかったかも。。。

ブヨや蛾などと格闘したせいか、子供は虫免疫がついた様子。
後半は、バドミントンや花火をしたりと持ち直したのでした。

天気、気温、生物、外での食事、遊び、携帯電話のない時間・・・
現実には戻りたくない。。。
しかし、卒試前のリフレッシュとなったのでした。
頑張らねば!

↓ この後、突然大雨に・・・
075411.jpg

IMG_20160820_174025.jpg

2016.08.19 願書
●お断り
私が書いているのは数年前の記憶ですので、間違いや制度変更があるかもしれません。
あしからずご了承ください。

●志望動機、書評

少なすぎてもだめなので、制限文字プラスマイナス100字を目指しました。
いずれも制限文字精一杯まで書きました。
志望動機は、自らの問題意識と校風を絡めて、今後どう活かしていくかを述べました。
書評は、筆者の主張の概略と問題意識をまとめ、自分なりの問題解決策を述べました。
選書は志望学部・コースと関係のあるものを選定しました。

制限字数内の課題整理及び提案力、論理的文書作成力が必要になろうかと思われます。
2016.08.15 最終章の前に
スクーリングも終わり、残すは卒業試験のみ。
私の場合、30分の試験時間のうち、10分はプレゼンをすることになっています。
パワーポイント資料は作りません。

以下の要点を諳んじるようにします。
 ・何を問題意識としたか
 ・それはなぜか
 ・その問題意識はどういう意味を持つか
 ・先行研究の未到達点はどこか
 ・そこを達成するために採ったアプローチはどういうものか
 ・その結果、何を得たのか
 ・それは、どれほどの重要性を持つのか
 ・通信教育で得たことは何か
 ・それを現在どう活かしているか
 ・今後はどうか

現在進行中の今後として・・・、再通信はもうしません。
通学課程で共通の課題認識をもった様々な立場の人達と
厳しい現実を踏まえた政策を形成していきたいです。

ブログの最終章へ向けて科目を振り返っていくこととします。