今回は、債権総論です。
民法総論の次に、債権・物権の総則を学ぼうと履修した科目。

レポートは1回不合格になりました。
赤ペンアドバイスに素直に応えれば合格できるかと思います。

試験対策としては、市販の事例問題集で責任関係を中心に繰り返し解いて
感覚を掴むことが肝要かと思います。

債権関係は、経済取引や個人の救済場面で必ず登場します。
民民に基本的に任せるべき場面でどこまで法が介入するか、このあたりは甲類として終始付き合う論点であり、必修科目だと思います。

スポンサーサイト
2014.06.25 文献案内
債権総論を勉強してみて役立った本を紹介します。

1.通信テキスト 池田真朗先生
  分かりやすい文章。かゆいところに手が届く感じ。?な個所も、すぐ後に具体例が出てきて分かりやすい。
  市販のスタートライン債権法と内容は同じ。

2.債権総論 潮見佳男先生
  テキストの理論を深めるのに有益。ケーススタディがあって、イメージをつかみやすい。
  ただし、分厚い。

  
プラクティス民法 債権総論〔第4版〕 (プラクティスシリーズ)プラクティス民法 債権総論〔第4版〕 (プラクティスシリーズ)
(2012/04/18)
潮見 佳男

商品詳細を見る


3.債権総論 内田貢先生
  図もあり、レイアウトも良い。これも理論を深めるのに良い。
  
民法 III [第3版] 債権総論・担保物権民法 III [第3版] 債権総論・担保物権
(2005/09/28)
内田 貴

商品詳細を見る


4.債権総論 伊藤真先生
  学説の紹介と反論を極めて簡潔に網羅している。論点ごとの答案作成ポイントを書いた論証カードは有益。
  まとめ本として最適
  
  
債権総論 第3版 (伊藤真試験対策講座)債権総論 第3版 (伊藤真試験対策講座)
(2009/10/27)
伊藤 真

商品詳細を見る
本日、以前出していた債権総論の再レポートが戻ってきました。

「法的理由と法的根拠を丁寧に踏まえよ」という前回のご指導を受けて、
レポの有効期限切れ(6ヶ月)を間近に迎えていましたが、
丁寧すぎるぐらいに一つずつ順を追って論じ、提出していました。

結果、2回目で合格となりました。
昨年度の課題だったので課題の期限切れを懸念していましたが、一安心。
科目試験には合格していたので、これで単位取得できました。

※5月8日受付、6月20日登録課受付、同月23日返送

※今日の一曲
  星になれたら / Mr.Children
    初期が一番好きかな。「虹の彼方へ」とかも。
  
Kind of LoveKind of Love
(1992/12/01)
Mr.Children

商品詳細を見る


  
今日はクリスマスイブ(既に日付は変わっていますが)。

帰宅すると予期せず、クリスマスプレゼント(レポート)が返却されていました。

開けると、「債権総論」レポートが・・
3か月ぶりの御対面。

「不合格。ただし、一部合格」とありました。

2問のうち、1問は合格で、残り1問は不合格。
テキストの理解不十分、自分なりの論旨が展開できていない、法的理由と法的根拠を示せとのコメント。

ぜんぜんダメってことね。
でも、よりによってこんな日に不合格レポが届くとは・・orz と思いましたが、
プラスに考えて、苦いコメントがクリスマスプレゼントと無理矢理捉えることにしました。

どんな課題だったのか思い出せず、レポを読み返すと確かにあっさりしていて、納得。

ま、頑張ろう。
そして、後日、債権総論勉強記録を載せよう。

ドラマ「半沢直樹」が終わりました。
ドラマにせよ、ドキュメンタリーにせよ、他の職場模様を見るのが好きな私。
現実にはできない痛快さに魅かれたのでしょうか、ついついはまってしまいました。

ところで、今日、債権総論レポを投函しました。
池田先生の通信テキストは、民法の説明が分かりやすいのはもちろん、元通信教育部長をされていたことから、日常の勉強方法から試験の受け方、卒論に至るまでのアドバイスが詰め込まれており、学生の立場で考えておられることが伝わってきて、心に響きます。

法学部で難関科目と言われているので往復覚悟ですが、それが楽しみでもあります。


※せつなくて美しい曲
 at least in my heart / starlet