ある事柄について述べる場面があります。
単に知っていることを述べるだけではダメだと気づいたのは、かなり後でした。

全体の文脈の中でその事柄がどういう意味を持ち、どう今に繋がっているのか。
変わったこと、変わらないこと、変わるべきことを述べると、、
その事柄の本質が浮かび上がります。
それを平易な言葉で述べる。
(なかなか慣れないですが、その姿勢は持ち続ける)
スポンサーサイト
レポートの注釈の入れ方は、人それぞれかと思います。

①本文を締めくくった後に、一番最後のページに注釈一覧表を添付する方法
  (1)○田○男(2013) 『都市化について』○出版、33頁。
  (2)○森○郎(2014) 『祭りについて』○出版、40-45頁。

②本文の各ページ下に注釈を付記する方法
   高度経済成長はサラリーマン層を生み出し、ニュータウンが郊外に形成された1)。
   伝統的な祭りは、新たな住民の流入によってその意義が変容している2)。
   ----------------------------------------
    1)○田○男(2013) 『都市化について』○出版、33頁。
    2)○森○郎(2014) 『祭りについて』○出版、40-45頁。

①は、何ページも下にスクロールして注釈を書いて、また上にスクロールして番号を付してという動きが多くて非効率ですね。
②の方が、レポートを書きながら同じページに注釈を入れることができて楽ですね。ワードなら「参考資料」タブで「脚注の挿入」で付記できます。

※今日の一言
 「勝った時には褒美を、負けた時には優しい言葉を」 鍋島直茂  
 ※前稿と同じ本からの引用
 →失敗したときは、部下を責めたり、犯人捜しをしてはいけない。
    「今回はうまくいかなかったな。次うまくいく方法を一緒に考えよう」という
器量を見せるべきである。
 →子育ても同じことが言えると思う・・。

2014.03.07 失敗学
参考文献について、私の失敗学をもとに少し書きます。
ありきたりな内容かと思いますが、ご容赦ください。
ただ、人によって千差万別だと思いますが・・

 ・レポートは、テキスト科目履修要領に掲載されているテキストと参考文献で作成
  (または図書館に参考文献が無ければ、図書館で手に入る範囲の本で作成)
  何冊も参照しない。2~3冊ぐらい
  分厚い本は、内容が細かく難しいために混乱するので、使わない
 
 ・試験対策は、過去問での傾向分析のほか、テキストを読む
  ただ、結局は、基本知識(法律の理念、基本原則、意義、要件、効果)を押さえることが一番だと思います。
  それには、例えば以下のような本で知識を整理すれば効果的かと思います。
  いわゆる「シケタイ」です。
  
  
憲法 第3版 (伊藤真試験対策講座 5)憲法 第3版 (伊藤真試験対策講座 5)
(2007/04/26)
伊藤 真

商品詳細を見る


  各法律にはどのような理念が土台にあるのかをしっかり押さえれば、問題や論争があるときに、その理念がどうなっちゃうのか、自分の考えは論理的にずれていないかなどを検討しやすくなるのではないかと感じました。

  まとめノートの作成は、人に依ります。私は手で書いたり、パソコンで作ったりしても頭に入らないようです。
  なので、作ろうとして挫折。以来、作っていません。

 ※今日のアルバム
  SLOAN / one chord to another 
   カナダのパワーポップバンド。1曲3分間に詰め込まれたポップセンスが素晴らしい
   

  
One Chord to AnotherOne Chord to Another
(2005/09/06)
Sloan

商品詳細を見る