刑法総論は、憲法及び民法総論と同様、甲類の必修科目です。
必修科目は何より早めに取得すると後々学習計画が立てやすいと思います。

レポは1回不合格でした。
考えられる全ての事柄を書かないと合格しません。
井田先生のテキスト、法学予備校のテキスト、両方使って理解を深めていったように思います。
罪刑法定主義などやはり憲法の学習が活きてくることが実感できる科目でした。

テストは素直な問題だったと思います。
基礎的な用語をしっかり押さえておけば対策になると思われます。

やはり必修科目は、すべての土台。
丁寧すぎるぐらいの学習深度が望まれます。

スポンサーサイト
試験1日目が終了した今日、刑法総論の再レポが返ってきていました。
合格し、これで必修科目は終了しました(法学部は必修は経済と違い3科目だけですが(^^;

考えられる全てのケースを一つ一つ丁寧に考察しないといけません。
こうすることでリーガルマインドが鍛えられるような気がします・・・。

とにかく明日の試験、頑張ろう。
先日、刑法総論レポが早速返却されました。
予想通り、不合格。

刑法各論と同じ方による添削でした。
各論と同様、丁寧な慶應便せんによるコメント。
全体的に丁寧に論じなさいってことだと反省。
飛びつき論点はダメってこと。
一つ一つを丁寧に丁寧に・・・
でも、全ての論点を長々と書いては不可。
メリハリをつけることが大事。

添削いただいた方は院生と思料。
将来は刑法学界をリードされることでしょう。

それにしても、最近再レポが蓄積されてきて、通信教育の厳しさという醍醐味を否応なく味わっております。あとで「苦労したけど、その分、思考と精神面が鍛えられたなぁ。」と笑って振り返れるように頑張りたい。

丁寧な便せんコメントに感謝。

※今日の一曲
  スピカ / スピッツ
   ※「楓」のカップリング。-夢のはじまり まだ少し甘い味です-

  
楓/スピカ楓/スピカ
(1998/07/06)
スピッツ

商品詳細を見る


2014.05.26 レポ提出
最後の必修科目。
なんとか書き上げたが、赤ペン先生の添削を頼む!状態。
いく通りにも答えが思い浮かび、修正しては修正をし・・。
結局、よく分からへんので、添削頼むわってことで投函。