法律系テキスト科目の最後です。

国際法1は、個別の条約云々よりも、法源(慣習法、条理など)や国際司法裁判所のあり方など、条約や各国の憲法と対比してどうなのかが問われる科目だと思いました。どうしたら慣習法として成立するのか、他の原則との優劣など。。。

法律系ではおそらく一番分厚いであろう指定市販テキストを図書館で借りて、それ一本で学習しました。
レポートや試験で問われるのもやはり基礎的理解力かと思われました。

次回以降は政治系テキスト科目を回顧していきたいと思います。
スポンサーサイト
学術論文を図書館で複数本調べ抜いて出した再レポ。
無事に通過しました。
サインが達筆すぎて、温かいお言葉をかけてくださった採点者の方がどなたか分からないのが残念。
ちなみに、レポとは逆に、試験を振り返ると書いていないキーワードが結構あったなぁと反省。

それにしても先生方の論文は、高潔で簡素で難解過ぎず、色んな表現が出てきます。
大量の文章を論理的に分かりやすく書くことができる人を尊敬します。
もうセンスの領域でしょうか・・

※今日の一曲
  槇原敬之 / Love Letter
  歌詞・曲とも完璧。他の人では書けない。
  なぜか、ほろ苦い青春を思い出す。たまにはそんな時間も良いと思う。



先日、国際法1のレポートが返ってきました。

最後の講評を読むと、「よく勉強され、よくまとまっています。的確に解答され、論旨も明快です。」と書かれており、
読み進めると、「ただし・・」
ん? ただし?
「ただし、・・学術論文を云々」とありました。
再レポ決定の瞬間でした。

要は、もっと深く論点を研究するべしということ。
褒められて落されるとこたえますねぇ。

※今日の一曲
  バニーガール / スピッツ
    正宗さん曰く、「アニマルな曲」
    確かに野性さ、一方的偏愛、破滅が描かれている
    爽やかポップロックな曲が見事に歌詞を中和させ、スピッツさを光らせていると思う

 
2014.05.26 レポ提出
テキストをパラパラとめくり、なじみのある条約がぼちぼちあるので取り組むことに。
海洋法条約というのならば、MARPOL条約には触れておいて欲しかったー
条約って結構身近なんですね。
航空機や船舶での危険物輸送に関する条約など。
環境、物流は国境なしですから、国内法に落とし込んでいて、
私たちの生活にも溶け込んでいます。

レポ自体は、実質三日ぐらいの突貫工事だったのでそれなりの結果かと・・。

※今日の一曲
  ようかい体操第一 / 妖怪ウォッチ
    ※今、小学生の間で大人気