2013.07.24 夏スク準備
病気になって、「家族旅行無理かな?だとしたら夏スク行っている場合やないぞ」と思いましたが、
何とか両方とも大丈夫そうです。

この間、許可通知や学割や出席許可状が届きました。
帰りの新幹線はもう満席かも。


※ You'll Never See That Summertime Again / friends
http://www.youtube.com/watch?v=WrmzMyh48k8&feature=player_detailpage
スポンサーサイト
前から少しずつ憲法レポを書いていたのですが、
この間に書いてしまおうとドラフトだけ完成させました。

あとは何日か寝かせた後、ふたを開けて、においをかいで、
味付けをして整えて、皿に盛り付けて、東京へお届けですね。
お口に合うかどうか・・

今月中にできると良いけど。
病気に唸っている間に、英語7最終レポが戻ってきました。
うつろになりながら封を開け、合格の文字を見て棚に放り込みました。
(書いていて見間違えの可能性を考え、再確認したが○だった)

赤の丸印もコメントも点数も何も記載なし。
間違ったのか全問正解か分からず。
むむむ・・と思いましたが、また棚に放り込みました。
2013.07.24 夏の魔物
一週間、薄暗い部屋で夏の魔物と戦い、無事帰還できました。
相手は「はしか」です。
図書館で参考文献を借りた日の翌日から襲った、
高熱続きと発疹、抵抗力低下による合併症の発症・・。
特効薬がないため、ひたすら我慢我慢(耐)
語弊ありますが、インフルエンザなんかちょろこいもんやと思いました。

せっかく借りた参考文献・・要所要所だけなんとか写真に撮り、
返却することに。

テンションガタ落ちなので、レポートの作成ペースを落とすことに。
これからは毎月1本を目標に頑張ることにしました。

幽閉生活で髭伸び放題、落ち武者みたいになった。
もう嫌だ、こんな生活。

※ 夏の魔物 / スピッツ
※ RPG / sekai no owari
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Mi9uNu35Gmk
2013.07.15 図書館
最近、日本法制史に手をだしました。
昔は日本史が大好きで学芸員になりたいと思っていましたが、紆余曲折あり、別の学部へと進学したのでした。そういうわけで、歴史関係の科目を取りたいなと思って法制史を選んだわけです。

テキストを読み終え、事前に図書館のホームページで参考文献を探し、図書館へ向かったのでした。
ところが、あえなく今日は休館。
そう、今日は月曜日だった!
ついつい日曜日だと思っていました・・。

帰宅後、ホームページを見るとしっかり書いていました・・

梅雨明けで暑い夏が来ました。
疲れには、はちみつレモンなんか良いかも。

※夏の名曲② 檸檬 / Polaris 
 レモンの旬は冬だけど・・。切ない歌。
 http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Cnk0Z9lIz1c
 
2013.07.12 出張中の勉強
どうでもいい話を。

今週一週間、千葉県へ出張でした。
出張内容から毎晩勉強できるかも!と思って、張り切ってテキスト、モバイルPCを持ち込んだものの、見事に付き合いで毎日飲みっぱなし。こうやってブログを書いただけ。
なかなか出来ませんねぇ・・・

千葉県我孫子駅の駅そば、弥生軒というところに上司に勧められるまま、食べに行きました。唐揚げそばが有名?らしいです。唐揚げの大きさがハンパ無いです。写真ありませんが、旨かったです。

関東弁はスマートに聞こえて、やっぱり慣れない(関東の方、ごめんなさい)
あと、エスカレーター左立ちも(関西はご存知のように逆です)。

*アホ・バカは、関西西部ではダボ
腹が立つ→ごうがわく
壊れる→めげる
脂っこい→むつごい
蚊にかまれて引いた痒さが、またやってくる→いこる 等々

注:地域によって異なります。




試験会場

2日間に渡った初めての科目試験が終了しました。

英語2は、対応できたと思います。
準備は、テキストを基本とした勉強で十分ではないかと思いました。
英語7も、対応できたと思います。
準備は、和訳文で一通り主張を把握したうえで、itやthemが何を指しているのかを
注意しながら再度英文を読めば、十分かと思いました。

問題は民法です。やっちゃいました。時間が足りませんでした。
再試験です(>_<)

1時間で3問は多いわ、先生!
諸先輩方のブログ情報をもとに、書き間違えに備えて、修正テープを用意。
で、解答文字数は1000文字程度を目標にし、
まず、問題を見て、書くべきキーワードを問題用紙にメモし、文章の構想を練りました。
それからペン書きに入る前に鉛筆で解答用紙に下書きしていきました。
で、時間を見ると既に30分経過・・・
あかんっ遅いと思い、直接ペン書きに変えました。
しかし、時間の経過が気になり、書き間違えで修正テープは乱発するわ、
ボールペンの先が滑るわ、焦って手が震えるわ、字が汚いわ、キーワードは飛ばすわで、
結局、3問目は毛が生えた解答になって、あえなく撃沈となりました。
(私が採点者だったら落とすと自分で思います)

いやぁ、久しぶりに焦燥感に満たされました。
心技体が揃わないと、良い解答は書けませんね。
最初からペンで書けば良かったのかな?

ペン書きの試験は皆さんどうされていますか?
良いアドバイスを下さい。お願いします。

さて、試験後の講演会に出席。15名程度の方が出てたかな。
文学やマルクス経済学の話を聞けて、面白いと思いました。
他学部の話も刺激になります。

結果はともかく一通り終わって飲む生ビールは格別!

今日は、七夕。泣いても笑っても試験終了。
今日は勉強を放り出し、寝ます。
明日からの1週間の千葉出張に備えて。

※ morning star / trashcan sinatras
 http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=qc6IJI5LzK4
2013.07.05 英語7 返却
今日は、終業後に急ぎの資料提出の依頼があって、結局、帰宅が23時15分に。
仕事だからしょうがないけど、勉強できなくなってがっくり。
(ブログ書いている時間あるなら、勉強しろっていうツッコミは有りです)

で、家に帰ってくると薄い封筒が・・。
この薄さは、英語か!?と思い、待ち切れずに指でビリビリと乱雑に開封。
なぜか英語7の第1回目のみ戻ってきました。(あれ?2回目は・・?)
結果は○
講評欄は記述なし。一言欲しいー。
でも、正解の訳は書いてくれていました。
意訳や直訳が減点になっていました。
んー、どっちのスタンスで訳せばいいんだ?と試験前になって迷ってしまった。

試験前の返却は、結構神経質になります。

試験まであと2日。とにかくできることをするしかないですね。

※ 夏の名曲① sea bone / mitsuki(元 christopher robin)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=bRlSywm6SyQ