昨日、ニューズレターが届きました。
関係するところは以下のとおり。

・放送授業、メディア授業(Eスク)の履修要項は2月号で行われる。ラジオは無くなり、ネット及びCDで行う
・類変更:1月9日~2月14日(消印)
・科目試験@大阪:1月25(土),26日(日)
・レポ締め切り:3月3日(月)(消印)
・科目試験申込:3月4日(火)~3月10日(月)
・夏期オリ:8月5日(日吉)
・夏期スク:8月6日(水)~25日(月)
スポンサーサイト
2013.12.31 レポ返却
年の暮もせまった昨日、レポが返ってきました。
コメントは特になく、合格していました。

冬試験は、憲法と同枠のため、政治学は受験しません。

※11月29日受付、12月27日事務局発送、12月30日到着
今年も残りわずか。
振り返ると、通信を初めたこと、そのおかげでいろんな方と出会えたこと、情報交換ができたこと・・色々ありました。
この一年、何かとお世話になり、本当にありがとうございました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、来年はどうするかしばし考えてみたいと思います。
それでは良いお年を・・

※はるか昔、励まされた曲
 Hybrid Rainbow / The pillows
  シングル歌詞カードより一部引用
   「Can you feel? Can you feel that hybrid rainbow?
    きっとまだ限界なんてこんなもんじゃない こんなんじゃない
    Can you feel? Can you feel that hybrid rainbow?
    ここは途中なんだって信じたい
    I can feel. I can feel that hybrid rainbow.
    昨日まで選ばれなかった僕らでも 明日を待ってる」

 pillows
法学部において、答案(特に事例問題)を作成する際には、以下の作法を守らなければならない(と思います)。
忘備録として記載しておきます。

○基本的スタンス
事実に対して、条文を解釈して適用し、結論を導くための法的思考過程を示す。
(法的評価を付与する)

○具体的プロセス
1.問題を落ち着いて良く読んで、何を聞かれているのか(論点はどこか)を把握する
2.登場人物をA,B,C・・に置き換え、法的関係は→を引くなどして簡易化し、関係図を作成する
3.問題提起(法的問題を提示)
4.規範定立(3で提起した問題に対して、どの条文をどう解釈するのかを示す)
5.あてはめ(4で定立した規範を事実に適用する)
6.結論

○注意点
1.原則とそれに基づいた結果を提示
2.得られた結果が当事者にとって公平か検討(取引の安全や酷ではなく、公平確保の観点から検討)
3.不平等であれば、その理由と例外を検討、記述
4.具体的プロセスで示した3~5が複数存在する場合もあり、順序も重要(論点の順序立てを検討)
5.結論は、必ず問題文と対応する形で記載し、終える
6.条文番号を各文末にカッコ書きで記載
7.答案の最後には「以上」と記載し、考察が完結したことを示す
※学習の際は、法律行為の一般的効果を阻害する問題点を効果毎にグループ化する。
 そして、法体系上における原則と例外を押さえる。
債権総論と同時に商法レポ返却。
結果は、合格。

とりあえずホッとしたが、科目試験対策ができていない・・
今日はクリスマスイブ(既に日付は変わっていますが)。

帰宅すると予期せず、クリスマスプレゼント(レポート)が返却されていました。

開けると、「債権総論」レポートが・・
3か月ぶりの御対面。

「不合格。ただし、一部合格」とありました。

2問のうち、1問は合格で、残り1問は不合格。
テキストの理解不十分、自分なりの論旨が展開できていない、法的理由と法的根拠を示せとのコメント。

ぜんぜんダメってことね。
でも、よりによってこんな日に不合格レポが届くとは・・orz と思いましたが、
プラスに考えて、苦いコメントがクリスマスプレゼントと無理矢理捉えることにしました。

どんな課題だったのか思い出せず、レポを読み返すと確かにあっさりしていて、納得。

ま、頑張ろう。
そして、後日、債権総論勉強記録を載せよう。

忘年会シーズンで勉強がペースダウン。
年始まで色々と立て込んでるから、きっと勉強ができるのが新年明けかな。

今日、新・福澤諭吉論講座(第2回目)に行ってきました。
都倉慶應義塾福澤研究センター准教授からお話を伺いました。

福澤の政治論の特徴としては、以下の二つ。
 1.一貫した姿勢
多元的社会の形成を目指す(そのために儒教を克服し、多数が学び、試行錯誤を続ける状態を促進→慶應で教育の裾野を拡大)
 2.現実的姿勢
世界情勢の現実的把握と官民対立の調和を図る

ある人の姿勢、思想を研究するには、生い立ち研究、いわば家族史研究はかかせないと思いました。

幕末から明治の時代に、交通(人、モノ、情報のコミュニケーション)概念を抱いて、日本の未来像をしっかりと抱いていた福澤。大勢にあえて逆らう福澤。理想のためには、現実的手法を駆使した策略家の福澤。

先見の明と明晰な頭脳を持ち、清濁硬柔を合わせ飲む器用さに脱帽。

それに比べ、昨日の晩御飯に何を食べたのかさえ思い出せず、明日が見えない私って・・・orz

福澤がいたら、今の日本をどう捉え、どのような言葉を発するのでしょう。

(下)手に入れた法学部の紹介冊子
個性のススメ


もうすぐクリスマス。
素敵なお時間を過ごしてくださいませ。

※クリスマスの曲
 1965年のクリスマスタイム / b-flower
  宗教に縛られず、恋愛の戯れイベントでもない、子供の頃の夢のような純朴な一日を描いている。いつまでも心に刻んでおきたい記憶。

 (以下、歌詞カードより引用)
   赤い屋根の街 丘を白く塗りかえてゆく雪
   誰もいない真夜中 回り続ける追憶のメリーゴーランド

   夢で見た地図を砂に描いたら 聖なる感じで 僕らは誓う
   そうなればいいと どこかで思う
PAINT MY SOULPAINT MY SOUL
(1999/12/17)
b-flower

商品詳細を見る





 
2013.12.15 試験勉強
IMG_0597.jpg
(上)横須賀にて

先日は横須賀に行って暗闇脱出訓練したり、猛炎を消防隊として消火する訓練をした。
(ちなみに私は、消防団員でも消防士でも自衛隊でもない。)
火の種類、風向き、資材の状況を考慮し、瞬時に消火戦略を立てなければならない。

仕事も通教も同じで、まずは敵を知ることが大事。
通教の場合は過去問から傾向を探る。そして、自分なりの回答案を作成。
(ちなみに私も慶友会に所属している)
そして情報交換もする。
時には周りの風向きに応じて、射水する本数と位置を変えなければいけない。
目的、手段、効果、見直し(俗に言うPDCAサイクル)が大事。

さて、試験勉強はどうか。今日は、休日限定で料理と掃除をし、娘達と遊んで終了。
でも、これらは仕事、通教、家族のためには大変重要。
引き続き、力を入れていきたい。

前回試験で失敗した身分なので、誰かの参考に記す資格はないが、
ブログの目的である勉強記録として記す。

※今日の一曲
 パトリシア / The pillows
  涙こらえてた僕の代わりに泣きだしてくれたあの時から
  歩きづらいほど風の強い日も 君となら全部幸せ
  君とならなぜか幸せ 二人ならいつも幸せ
  つまづいてもまた大笑い 二人なら全部幸せさ

tiny boat




 

  


憲法の基礎固めのために、「憲法とは」から勉強しています。
体系的理解を心掛けながら・・

貴族の特権を擁護する中世法根本法から、生まれながらに自由かつ平等という近代自然法へと憲法の本質が変わっていったこと。
その過程には、血のにじむ市民革命があったこと。
結果、生来の権利を取り戻したこと。
個人の尊重が核心的価値であり、自由であるためには人権保障を目的として、そして統治機構を手段として、それが達成されること。
一人一人の個性が尊重され、自由が尊重されて、人間として尊重されること。
立憲主義に立脚した憲法は、その体系において国家権力を制限することで、自由を保障しようとするものであること。

ふと憲法改正草案が気になり、条文とQ&A解説を拝見。
んー、初心者の単純な私には、核心的価値が180度変わっているように思えます。
次に、賛成派、反対派の論理を拝見。
どっちももっともらしく思えてきた・・^^;

結局、憲法の勉強が面白くなってきたことだけが今のところの到達点。

今週は横浜に出張。頑張ろう。


※今日の一曲
 尊敬するクリエーションレーベルから。ブログのタイトルにさせてもらっています。
 Life goes on / BMX bandits

 
Life Goes onLife Goes on
(1993/08/05)
BMX Bandits

商品詳細を見る
 
1月の受験科目数は6。
年末年始挟むから、1月試験は準備時間が通常より少ない。
お正月過ぎたら、今勉強している事を忘れてしまいそう。
でも、6科目申し込んでしまった!
やるしかない。憲法、民法を重点的に取り組むとするか。

1月25日13:00~
F:新・物権法
E:日本法制史1
D:日本法制史2

1月26日9:30~
C:憲法
B:商法総則・商行為法
A:債権総論

●今日の一曲 
 Holiday Fairy Tail / Favourite Marine
  カジヒデキ(元Bridge)が参加していたバンド。小山田圭吾(現コーネリアス)もギターでサポートしていた。90年代は最高。良質のギターポップ、ネオアコバンドが輝いていた。 

CD.jpg

フリマ

レポ締め切り前の週末、フリーマーケットを行いました。
ショッピングモールの近くで家族連れが多いに違いないと思って、子供服を多めに用意。

出店者数は70者ぐらい。販売店舗面積は2×4mで若干広め。
割り当てられた場所は、角地ではなく、両店舗に挟まれた立地条件。
隣の出店者は少ししか品物を並べなかったので、ご厚意に甘え、二面に商品を並べることができました。

商品を並べる前から服が売れていき、そこそこの売上となりました。
良い物や希少品は高く売れ、普通の物は午後に値段を下げてから売れだしました。
そこそこした物でも、100均と同じような物と見られることも・・。

値切ってくるのは挨拶みたいなもので、その後の駆け引きが良い経験になります。
子供にも一部運営を任せ、売るために声を出したり、POPを工夫したり、
袋詰めやお釣りのやり取りなど・・接客をしてもらいました。

子供達には自ら稼いだお金をお小遣いとして渡しました。
子供たちは、早速ゲームセンターでアイカツゲームをして楽しんでいました。


上記のような状況なので、フリマは経済や教育や心理が絡んでいるから研究・調査したら面白いかもと思いました。あ、自己の利用品を営利追求の目的で反復継続的に販売するものではないから、商行為には当たらない(はず)。

※今日のアルバム
 マーケット/ The castanets
 
MARKETMARKET
(1998/05/20)
ザ・カスタネッツ

商品詳細を見る
今日、12月号が届いた。
関係するところは次のとおり。

科目試験申込 → 12/3~9日24時まで(Kちゃん経由)
類変更?   → 1/9~
科目試験   →  1/25,26
ペン書き必須 →  日本法制史1,2
持ち込み可  →  六法のみ(商法、新物権法、債権総論)
試験地    →  大阪の亀井先生の立法学講演に惹かれる。検討中。
講演会申込  →  12/20 17時まで(WEB申込可)

ちなみに、流行語大賞が決まったそうで。
今回の試験結果を受けて、自分なりに振り返ってみた。

「お・も・て・な・し」→「よ・う・しゃ・な・し」 
結果が容赦ないときがある

「倍返し」  →「半返し」           
目標の半分以下しか単位が取れなかった試験

「今でしょ!」→「後でしょ!」         
レポが間に合いそうになかったら次回に後回し。

「じぇじぇじぇ」→ 「GGG」          
試験問題を見た瞬間、ヤマが外れて受けるショックと焦り                         ガガガーン(@_@;) 

※今日のアルバム
 Grand Parade /The Frank & Walters

 
Grand paradeGrand parade
(2000/01/01)
Frank & Walters

商品詳細を見る
       

新・物権法


本日、レポを提出。

大問2題だけど、小問入れると合計3題。いずれも必答。
3単位なので4000字以内が基準だけど、1題1300字では書けない(はず)。

結局、11500字になった。
しかも、34ページ分全て手書き。ちまちまと数日に分けて書いたが、腕がおかしい。
レポ紙は両面なので、17枚使った。

字数制限超過でFGKになれば、再レポを書く気になるか非常に怪しい・・。

先生の指導コメントに期待。

※今日の一曲
 ヨアケ、ハナビラ / セロファン

ヨアケ、ハナビラヨアケ、ハナビラ
(2001/03/14)
セロファン

商品詳細を見る
先週、レポを提出。
大部分が会社法へ移行したので、商法のテキストは薄い。
なので、読みやすく取り組み易いが、民法との関連性が随所に見受けられた。
先週、レポ提出。
お題のうち、「議院内閣制の長所と短所」を選ぶ。
政治学って地理学とか心理学とか色んな学問の要素が影響しているんですね。
テキストは古くて分厚いですが、丁寧な解説で面白かったです。
先週、レポを提出。
いつの時代も刑法と刑事訴訟が国の基本形だと認識。
お題の一つがなかなか参考文献に無くて、持論を展開。
どうなるやら。
先日、試験結果が返ってきました。

結果は、英語3と日本政治史は合格、憲法と日本法制史1は不合格。
憲法落としたのは、まだまだ基礎がなっていないと認識し直して、
次回試験に向けて頑張りたいと思います。

収穫は、晴れて英語テキスト科目が終了したことです。
来年度は、英語スク単位2単位を目指します。