先日、要綱が送られてきてから、科目迷いがあるのと仕事の未確定スケがあるために決めていません。

卒論を見据え、3期の行政法で、あらかじめ先生の雰囲気を確かめたい気持ちがあるが、後半が決まらない。
日本政治論や財政論辺りとなるが、試験の評判がどうかと・・。いずれもテキスト科目。
わざわざ行くには、やはり興味よりも現実の単位に結びつくことを優先しなければなりません。

1期は、昨年見送った経済原論がある。テキストでも取ることができる。ただ、2回レポと2回試験は面倒くさい。
テキストは分厚い。スクの先生の評判は、良さそう。前半はどこにするか。経済法で競争政策はどう出るか、欠点はどこかに興味があります。

要は、仕事のスケ次第。
一応、宿泊だけは1期と3期を先に押さえました。

 
スポンサーサイト
一昨日、全て聴講。英語ライティングは、論文の構成から学べるから、初心者にもありがたい。
フランス語がヤバイ。復習しないと・・。
放送語楽で、初級につき、アルファベットを学んでいますが、
私たちの業務では、時折、別のアルファベットというか、呼び方で会話することがあります。

A(アルファ)、B(ブラボー)、C(チャーリー)、D(デルタ)、E(エコー)、F(フォックスルトロット)、G(ゴルフ)、H(ホテル)、I(インディア)、J(ジュリエット)、K(キロ)、L(リマ)、M(マイク)、N(ノーベンバー)、O(オスカー)、P(パパ)、Q(ケベック)、R(ロメオ)、S(シエラ)、T(タンゴ)、U(ユニフォーム)、V(ビクター)、W(ウィスキー)、X(エックスレイ)、Y(ヤンキー)、Z(ズールー)

みなさん御存知かと思いますが、暗号ではなく、一般的に航空無線、軍隊等で使われます。しかし、私はそういった業務に従事していません。
でも、メールアドレスを口頭で伝えるときとか英単語を伝えるときに誤りを無くすため、自分を含め周辺では結構使っています。

2014.04.24 レポート返却
先日、刑法各論レポートが返却されました。

分厚い封筒を開けると、不合格の文字が(>_<)
再レポ決定。

ただ、ありがたいことに慶應の便せんが講評欄のコメント欄に三つ折りで糊づけされ、
ワープロ打ちで「うにすけ様。Aの罪について、テキストの・・を見てください。特に○○について、注意してください云々」と丁寧なコメントがありました。恐らく大学院生か講師の方だと思いますが、その丁寧かつ親切さに、再レポの提出へ前向きな気持ちにさせてくれました。

指摘ポイントを文章に溶けませ、再レポを出そうと思います。

連日、韓国の旅客船事故の報道に接しています。
まずは、謹んでお亡くなりになられた方のご冥福と少しでも多くの方の生存ないし身元が分かるよう、お祈りいたします。

映像や救助された方の証言を合わせると、
とりわけ、船長をはじめとする甲板部の船舶職員が職務を全うしていなかった気がします。

これらの方の責務等を定めたものに日本では、船員法があります。
船員法は、船員の資格要件・訓練を国際的な統一基準で定めているSTCW条約に端を発します。
批准した国は国内法に溶け込ませ、国際航海をする船舶については必ず、
そして、国内海域のみを航行する船舶については、条約に国内事情を加味し、内容を規定しています。
韓国も批准しています。

日本の船員法には、船長の在船義務があり、人命救助義務があります。
さらに旅客船は貨物船に比べ、多くの人命を預かる訳ですから、当然、厳しい訓練要件が課されています。
危機管理、旅客安全、群集管理訓練・・・

なお、島々間を航行するときは、船長が操舵室に昇橋し、操船指揮を執るのは当たり前ですが、それがされていなかったことは驚きです。

映像で拝見する限り、アバンダン(棄船)する際に用いる、膨張式救命いかだは1基しか展帳されていません。
傾きだした時点で船長がアバンダンを決断し、航海士・旅客部をして非常招集場所に旅客を誘導し、膨張式救命いかだを用いて退船していれば、大惨事には至らなかったものと思われます。

今回の事故は、様々な複合要因が組み合わさって発生してしまったと考えられます。
運航会社の安全管理体制はどうであったか、船側の非常配置体制はどうであったか、船舶の自己復元性に影響を及ぼす貨物の積載量・積みつけ・セキュアリング(固縛)は確かであったか、韓国海事当局の検査は妥当であったかなど、船長等の乗組員に焦点をあてるだけでなく、様々な観点からの事故究明が望まれます。






先日、新聞で慶応大名誉教授小林先生のコラムを拝見しました。

集団的自衛権の行使は、解釈改憲ではなく、きちっと暴走に歯止めをかけるような枠を当てはめたうえで、
憲法を改正し、可能とするべきだとする要旨でした。
これは、現実的な世界の潮流を踏まえれば、日本が何も貢献するわけにはいかないとすることに由来するものでした。

経済大国世界第二位に中国が上がり、日本は第三位へ陥落。しかし、国連分担金拠出額はアメリカの次に日本が第二位。
中国は力が弱い南沙諸島へ進出を強化している。
国際広報予算は、中国は年間1兆円。日本は民主党政権で縮減するも、やっと5倍に拡大して対応を開始する。

このような日本の立ち位置で、国の形を作る憲法はどうあるべきか。
9条が認めていない集団的自衛権を可能にする解釈改憲は、解釈を超えた改憲であり、憲法の最高法規性・制憲手続を無視する危険な方向性だと思います。

もう9条を声高に叫ぶだけでは、世界の潮流から立ち遅れるのでしょうか。

憲法と国際政治、法解釈と政策・・

この土日月の3日間で国際政治論の視聴を終えました。
先生は、時には面白く分かりやすい説明です。
1回あたり100分ぐらいですが、メモを取っていたり、休憩すると半日仕事。

でも、国際政治は利益と価値と力の側面と個人・国家・システムの3段階で分析すれば、
日本の採るべき政策が見えてくる、そんな話を具体例を挙げて分かりやすく説明くださいました。

中国が勢力を伸ばす中、東アジアの、ひいては日本の採るべき方向性は、
やはりアメリカとの緊密な関係を発展させること・・。

世界を見る視点が新しく一つ加わったような、そんな印象を持ちました。


※今日の一曲
 カフェや雑貨屋さんにぴったり合う曲。ほっこり。

 7days / acid house kings

 
なんとか四ヶ国語の聴講を終えました。

英語では結論を先に書いて、読者を道に迷わせないようにすることが重要であること、電子辞書の他に代表的なサイトを紹介しながらネットでの辞書の活用方法と注意点を教えていただきました。

フランス語は初めてなだけに、やはり、難しいと思いました。先生方がDJみたいにノリノリで、明るい気持ちで聴くことができますが、初心者の私には早い・・。復習しなければ。


※最近、幕末の武士とかの写真をググるのがマイブームです。
 ひょっこり見つけた、現代風のイケメン。羨ましい。

 剣術家    渋沢平九郎
 沼津藩主   水野忠敬 
 備中井原領主 池田長発
大阪試験場には、タイトルに書いた講義のお知らせチラシが置いてありました。
5月25日、6月1日、6月8日(いずれも日曜日)に慶應の先生による講義(無料)が行われるとのこと。
詳しくは、慶應義塾大学法学部のHPに書いてあります。
ただ、高校生がメインで、枠に余裕があれば一般参加者も参加できるようです。

※今日の一曲
 gentle tuesday / primal scream
  プライマルの1stアルバムの1曲目。キラキラギターポップ。

 
Sonic Flower GrooveSonic Flower Groove
(2000/03/13)
Primal Scream

商品詳細を見る
今週は、語学の2週目とEスクが開始されます。

語学はレポ1回・テスト2回。Eスクはレポ2回・テスト1回。
試験日は決まっており、語学は10月のABDE、Eスクは7月のC。
以上の要素を加味し、なおかつレポート課題を昨年度と比べて当初の計画を見直す必要があります。

2013年度の課題で今年度提出する場合、今年度中に合格しなければ、新たな課題で作り直さなければなりません。パッと課題を見たところ、ほとんど問題が変わっているようです。
コミュニケーション論や社会学系科目が面白そうな課題。
しかし、法学部は選択必修科目制度を採っているため、政治学系より法学系科目を優先すべきかと思案中。

いずれにせよ、債権総論の再レポと刑法総論、行政法は手をつけていきたい。

2年目は色々考えることが多くて大変orz
以前、Eスク「国際政治論」のテキストが入手できないと書きました。
結局、発行元出版社に注文し、先日届きました。

周囲の受講生に聞くと、早々に注文してなんなく入手できた様子。
みんなきっちりしているなぁと自らののんきさを反省しました。

私みたいなことが無いように、Eスクに当選すれば、すぐにテキストを購入することをオススメします。っ言われなくても、皆さんきちんとされてますよね。
今回受験された皆さま、お疲れ様でした。

政治学は過去問から出ていましたが、準備不足を痛感しました。
前もって論点整理をした原稿を作っておいた方が良いかと思いました。
最後は時間が足りず、焦ってミミズがはったような字になって、尻すぼみな解答になってしまいました。

日本法制史1と2は、相変わらず過去問研究しても当てにならないと思いました。
記憶力が衰えた今、粘っても合格見込みは無いと悟り、次回は別科目を受験する方向です。
試験は難関科目だと思います。

刑法各論は、2題出題。1問は過去問から。説明1題と解釈論点の指摘1題でした。
テキストを丁寧に勉強していれば対応できるかもしれません。
なんとか埋めましたが、CかDか・・。
これまた2問目が尻すぼみな解答になってしまいました。
レポはまだ却ってこず。

なにはともあれ、帰りは串カツとビールでスカッとしました。
試験後は飲まないと落ち着かない・・。

放送授業の受講票が届きました。


一足先に授業を視聴したけど、無事許可されており、安心しました。

フラ語講義で言っていた注意する発音をメモしておこう。

(Note)
フランス語:E(ウ)、G(ジェ)、I(イ)、J(ジ)
ドイツ語:E(エー)、G(ゲー)、I(イー)、J(ヨット)

※今日の一曲
  Jennifer she said / Lloyd cole & The commotions
   ネオアコの名曲。悲しく美しい芸術作品。歌詞のとおり雨が良く似合う。

 
Jennifer She SaidJennifer She Said
(1988/01/01)
Lloyd Cole

商品詳細を見る



同期の方々のブログを拝見し、昨日から放送語楽が始まったことを知りました。
三色旗は語楽特集だったので、届いてすぐ読んでたけど・・。
来週からだと勘違いしておりました。

で、早速4科目を視聴。
英語ライティングは卒論作成にも役立つこと、英語リーディングは先生が元気でレポ作成が楽しみなこと、
ドイツ語は懐かしいこと、フランス語は初めてで大丈夫か?と思ったこと。
いずれにせよ、言語を楽しみたいです。


※今日の一曲
 Your Song / Love Psychedelico
  彼らの音楽を聴くとクラブでビールが飲みたくなる・・ 


2014.04.06 さくら
新年度が始まり、新入生や新入社員を見かける中、我が家にも新年度セットが届きました。
当面の予定としては、
 ・4月12、13日の科目試験
 ・4月15日からのE-スクーリング
 ・5月26日のレポート締切
週末スクーリングは、4月下旬送付の案内を見て考えよう。

勉強は間に合っていない・・
でも、桜を見て気分転換しようということで近くへ出かけました。
なんとか雨は上がって、満開の桜を見ることができました。

明日からまた頑張ろう。

※今日の一句
桜花 今ぞ盛りと 人は言へど 我れは寂しも 君としあらねば / 大伴池主
 






68期生の方には合格通知も届き、続いてあと数日で入学許可通知が届く頃でしょう。
レポや試験が始まると慌ただしく一年が過ぎますが、各自のペースでコツコツと共に続けていきましょう。

ところで、今日、Eスクの受講許可が発表されました。
そこで教科書を買おうと思っても、新品・中古とも在庫なし状態。
5%のうちに余裕をもって対応しておけば良かったと反省。
でも、なんとかなるというかなんとかする

4月15日から配信開始。
外国語も始まるから頑張らなければ・・

※今日の一曲
 Tough / The collectors

 
HERE TODAYHERE TODAY
(1997/10/01)
THE COLLECTORS

商品詳細を見る