2014.06.25 文献案内
債権総論を勉強してみて役立った本を紹介します。

1.通信テキスト 池田真朗先生
  分かりやすい文章。かゆいところに手が届く感じ。?な個所も、すぐ後に具体例が出てきて分かりやすい。
  市販のスタートライン債権法と内容は同じ。

2.債権総論 潮見佳男先生
  テキストの理論を深めるのに有益。ケーススタディがあって、イメージをつかみやすい。
  ただし、分厚い。

  
プラクティス民法 債権総論〔第4版〕 (プラクティスシリーズ)プラクティス民法 債権総論〔第4版〕 (プラクティスシリーズ)
(2012/04/18)
潮見 佳男

商品詳細を見る


3.債権総論 内田貢先生
  図もあり、レイアウトも良い。これも理論を深めるのに良い。
  
民法 III [第3版] 債権総論・担保物権民法 III [第3版] 債権総論・担保物権
(2005/09/28)
内田 貴

商品詳細を見る


4.債権総論 伊藤真先生
  学説の紹介と反論を極めて簡潔に網羅している。論点ごとの答案作成ポイントを書いた論証カードは有益。
  まとめ本として最適
  
  
債権総論 第3版 (伊藤真試験対策講座)債権総論 第3版 (伊藤真試験対策講座)
(2009/10/27)
伊藤 真

商品詳細を見る
スポンサーサイト
本日、以前出していた債権総論の再レポートが戻ってきました。

「法的理由と法的根拠を丁寧に踏まえよ」という前回のご指導を受けて、
レポの有効期限切れ(6ヶ月)を間近に迎えていましたが、
丁寧すぎるぐらいに一つずつ順を追って論じ、提出していました。

結果、2回目で合格となりました。
昨年度の課題だったので課題の期限切れを懸念していましたが、一安心。
科目試験には合格していたので、これで単位取得できました。

※5月8日受付、6月20日登録課受付、同月23日返送

※今日の一曲
  星になれたら / Mr.Children
    初期が一番好きかな。「虹の彼方へ」とかも。
  
Kind of LoveKind of Love
(1992/12/01)
Mr.Children

商品詳細を見る


  
先日、刑法総論レポが早速返却されました。
予想通り、不合格。

刑法各論と同じ方による添削でした。
各論と同様、丁寧な慶應便せんによるコメント。
全体的に丁寧に論じなさいってことだと反省。
飛びつき論点はダメってこと。
一つ一つを丁寧に丁寧に・・・
でも、全ての論点を長々と書いては不可。
メリハリをつけることが大事。

添削いただいた方は院生と思料。
将来は刑法学界をリードされることでしょう。

それにしても、最近再レポが蓄積されてきて、通信教育の厳しさという醍醐味を否応なく味わっております。あとで「苦労したけど、その分、思考と精神面が鍛えられたなぁ。」と笑って振り返れるように頑張りたい。

丁寧な便せんコメントに感謝。

※今日の一曲
  スピカ / スピッツ
   ※「楓」のカップリング。-夢のはじまり まだ少し甘い味です-

  
楓/スピカ楓/スピカ
(1998/07/06)
スピッツ

商品詳細を見る


先日、Eスク国際政治論のレポを提出。
あいかわらずの時間無しの突貫工事。

そんな中、次の本達は分かりやすい気がしました。

まずは、山田先生の本。入門の位置づけなので、本格的な理論を勉強したい人は、腹3分目でしょう。
国際政治理論を用いた事例分析が面白い。
理論によって、異なる見方が可能という、興味深い内容。

グローバル社会の国際関係論 新版 (有斐閣コンパクト)グローバル社会の国際関係論 新版 (有斐閣コンパクト)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る


次の村田先生他の本は、テキスト指定。
これまた簡潔で、バランス良く各分野を網羅している。
約300ページほど。
国際政治学をつかむ (つかむシリーズ)国際政治学をつかむ (つかむシリーズ)
(2009/11/27)
村田 晃嗣、君塚 直隆 他

商品詳細を見る


過去問の傾向が分からない・・
試験対策をどうしようか思案中・・

※今日の一曲
  The go betweens / 16 lovers lane
やはりネオアコは最高だと思える一枚

16ラヴァーズ・レーン&レアトラックス16ラヴァーズ・レーン&レアトラックス
(2004/08/18)
ザ・ゴー・ビトウィーンズ

商品詳細を見る
2014.06.02 成長の芽
最近、ES国際政治論の第二弾レポに追われています。
文章を書くのが苦手で時間がかかります。
となりで子供達がアニメを見ていたり、ごっこ遊びをしていたり、ケンカをしていたりと賑やかな勉強環境のおかげで、余計に時間がかかります。

そんなとき、次女から「一輪車の練習がしたい」とお願いされたので「締切まで時間がないのに」と思いながらも、テキストを置き、公園へでかけました。

一所懸命、練習している姿を見ていると、
 「女の子は成長が早いから、オヤジの事がうっとうしくなるときが必ずもうすぐ来る。子供の成長は今しか見られない。成長の芽を自分の勉強のせいで見過ごすのは、親として後で後悔する。子供もきっと悲しむに違いない」
 と改めて感じ、昼からは車を走らせ、海岸で石投げをし、貝殻集めをしました。
(それなら子供が大きくなってから通教すればええやんって声もありますが、そうはいかない)







慶友会行事、レポ、試験で土日を留守にしがちだけど、もう一度、時間の使い方を見直さなければなりません。
子供は日々成長している。それを感じることができるのは、今日、しかもその一瞬。
夏スクーリングは、可能ならば今年度で最後にしたい。