2014.07.27 夏の古城
用事で駅まで行ったついでに、思い立って図書館に立ち寄ることに。

暑い中、お濠を横目にお城の正門をくぐって茶室を横切り、県の高校野球のアナウンスを背に受け、セミの声に夏を感じながら天守台まで上がりました。


IMG_1518.jpg

明石の市街地を望む(昔は淡路島がはっきりと見えたはず)
IMG_1519.jpg

かすかに見える明石海峡大橋。左手には明石天文科学館
IMG_1523.jpg

図書館は天守台から少し北側に下りたところにあります。

図書館からの帰り道にある石垣
IMG_1522.jpg

古の武士たちはどのようにお城の中で仕事をしていたのだろう、どんな会話や冗談を言っていたのだろう、冷房も扇風機もない時代にどのような工夫をして寝食を営んでいたのだろう。

古の情景に思いを巡らせ、図書館で用を済ませ、お城を後にしたのでした。

とにかく暑かった・・・

※明石城
  明石藩(親藩)6万石だった松平家の居城。天守閣は建造されず、櫓のみ現存

※今日の一曲
  The left banke / Walk away renee
    彼らの音楽を聴くことができる時代に生きてて良かった
 
スポンサーサイト
大阪シティキャンパスにて、9月27日から4回に渡って「変革の時代における法・法律学」をテーマに、講座が開講されます。7月25日11時から募集開始。
例えば、集団的自衛権、終末期医療、会社のコンプライアンス体制など

都合つけて、どれかに参加しようと思う

詳しくはこちら↓
大阪シティキャンパス
先日、国際法1のレポートが返ってきました。

最後の講評を読むと、「よく勉強され、よくまとまっています。的確に解答され、論旨も明快です。」と書かれており、
読み進めると、「ただし・・」
ん? ただし?
「ただし、・・学術論文を云々」とありました。
再レポ決定の瞬間でした。

要は、もっと深く論点を研究するべしということ。
褒められて落されるとこたえますねぇ。

※今日の一曲
  バニーガール / スピッツ
    正宗さん曰く、「アニマルな曲」
    確かに野性さ、一方的偏愛、破滅が描かれている
    爽やかポップロックな曲が見事に歌詞を中和させ、スピッツさを光らせていると思う

 
今日、夏スク受講票が届きました。
昨日記事を書いたところだけど、これで決定。
一期 経済法と経済原論を受講します。
ホテル抑えたけど、新幹線学割証まだ先かな?
あとは体調管理を気をつけないと。
思えば夏スク科目について、記録していませんでした。

1期 経済法 と 経済原論 を申告しました。

経済原論は昨年度迷って見送った科目でした。

法学部だけど、経済重視の世の中だから経済にも視野を広げたい・・

出席関係無しだから、いっそう頑張らねば・・

暑い夏スクはもうすぐ。

※今日の一曲
  That summer feeling / BMX Bandits

 
試験、波乱で終わりました。

Eスクの配点ってどうなんだろ?
レポート2回と視聴状況はどれぐらい加味されるんだろ?
試験がイマイチだけにそこにすがりたい気持ち・・

冒頭に書いた波乱は、そう、受験申込科目とは別科目を受験してしまったのです。
初歩的ミスで恥ずかしい。
国際法1を申し込んでいたにも関わらず、同群の国際法2を解いてしまった!
はい、「D」決定!

国際法2は、まあまあで少しは期待してたのに。

あーあ・・