2015.12.29 年末のご挨拶
NLが届き、学士者の総合科目履修制限撤廃やスク単位申告制限撤廃など新たな動きが予定されています。
総合科目には学びたい科目が目白押しですが、限られた時間の中では別の方法も検討します。

卒論は、執筆するにつれて加えたいことが増え、全体の設計が崩れないように配慮しながら、取捨選択や濃淡を決めるのが難しいと感じています。

あっという間の一年。
来年は別のステージに移ることができるかな。

今年一年お世話になりました。
それではよいお年を・・・
スポンサーサイト
年末が近づいたので、指導教授にメールにて年末のご挨拶を送りました。
卒論の原稿は、忙しさで中途半端な進捗なので年明けに送ることにしました。

論文を初めて書く私に終始和やかにご指導いただき御礼申し上げます。
2015.12.19 成績証明書
先日、以前請求していた成績証明書が届きました。
添え書きをして卒業要件も確認していただき、卒論以外、無事単位クリアしていました。
200円の定額為替を使うのも最後かな・・
最近論文を書くにあたって、哲学や倫理学、論理学の本を読んでいます。
人間味が無いと無味乾燥な無機質論文になる気がして。。

あとは難しく書き過ぎないことです。
難しいことは易しく、易しいことは面白く、面白いことは少し真面目に。。
これが難しい。。文章力が無い。。

昔、哲学の本で挫折すること数回。
言い回しが難しくて、理解できない自分が絶対マトモだと思って、放り出しました。
しかし、やはり必要だと思い、学び始めました。

下の本は、平易な文章で書かれています。
レスリングの実況みたいでイメージがつかみやすいです。

分かりやすい文章は最低限のマナーだと思います。
なかなか簡潔に要点を伝えるのは難しいですが、この本をイメージして
執筆を再開しようと思います。

91d3AMjC6tL.jpg
某先輩のブログで「大学のグッズは卒業するまで買わないと決めて実行すればモチベーションアップ」と拝見したことから、そうしています。運よくゴールできたら、「慶應の水」を買おうかな。
今日、卒業予定申告許可が届きました。
提出する卒業論文に貼る卒業論文提出票や卒業生要録が同封されていました。
5月に指導を受け、6月には正式に提出しなければなりません。
年内に1回原稿を送るか、年明けに送るか・・
2015.12.06 年末に向けて
ご無沙汰しています。
最近、この言葉が常套句になってきました。

卒論ですが、前回指導を受けて、年末までに先生に少しでも原稿を送ろうかなと思い、
上書き編集を繰り返しています。
でも、年末の忙しい時期に原稿を送られても迷惑だろうなと思いながら、
最低、年末のご挨拶だけはしようと思います。

間隔を置いて編集すると前後の繋がりが忘れてしまい、ちぐはぐになって困っています。
「書くときは一気に書く」というのが内容に調和が保たれ、作業効率も良いのでしょう。