放送語楽で、初級につき、アルファベットを学んでいますが、
私たちの業務では、時折、別のアルファベットというか、呼び方で会話することがあります。

A(アルファ)、B(ブラボー)、C(チャーリー)、D(デルタ)、E(エコー)、F(フォックスルトロット)、G(ゴルフ)、H(ホテル)、I(インディア)、J(ジュリエット)、K(キロ)、L(リマ)、M(マイク)、N(ノーベンバー)、O(オスカー)、P(パパ)、Q(ケベック)、R(ロメオ)、S(シエラ)、T(タンゴ)、U(ユニフォーム)、V(ビクター)、W(ウィスキー)、X(エックスレイ)、Y(ヤンキー)、Z(ズールー)

みなさん御存知かと思いますが、暗号ではなく、一般的に航空無線、軍隊等で使われます。しかし、私はそういった業務に従事していません。
でも、メールアドレスを口頭で伝えるときとか英単語を伝えるときに誤りを無くすため、自分を含め周辺では結構使っています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unisuke67.blog.fc2.com/tb.php/115-1a5fa7be