先日、Eスク国際政治論のレポを提出。
あいかわらずの時間無しの突貫工事。

そんな中、次の本達は分かりやすい気がしました。

まずは、山田先生の本。入門の位置づけなので、本格的な理論を勉強したい人は、腹3分目でしょう。
国際政治理論を用いた事例分析が面白い。
理論によって、異なる見方が可能という、興味深い内容。

グローバル社会の国際関係論 新版 (有斐閣コンパクト)グローバル社会の国際関係論 新版 (有斐閣コンパクト)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る


次の村田先生他の本は、テキスト指定。
これまた簡潔で、バランス良く各分野を網羅している。
約300ページほど。
国際政治学をつかむ (つかむシリーズ)国際政治学をつかむ (つかむシリーズ)
(2009/11/27)
村田 晃嗣、君塚 直隆 他

商品詳細を見る


過去問の傾向が分からない・・
試験対策をどうしようか思案中・・

※今日の一曲
  The go betweens / 16 lovers lane
やはりネオアコは最高だと思える一枚

16ラヴァーズ・レーン&レアトラックス16ラヴァーズ・レーン&レアトラックス
(2004/08/18)
ザ・ゴー・ビトウィーンズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unisuke67.blog.fc2.com/tb.php/126-ae11341b