2015.06.15 憲法の重み
安保法案を巡って国会が揺れている。
憲法違反であると、長谷部早稲田大教授と小林慶應大学名誉教授が法案を撤回すべきと反対会見を開いた。

集団的自衛権を認める内容もさりながら、解釈変更という手段で実質的に憲法を骨抜きにすることの方が問題だ。
国際情勢の変化にあわせて対応するべきであるという意見もあるが、これは時勢対応のためには手続きは不要と言っているのと同じであり、はなはだ危険な議論であると言わざるを得ない。
憲法の改正手続に則って国民の審判を受けるのが筋である。

立憲主義の歴史的経緯とその意味、それに基づく法の支配の原理、判例の評価方法等知っておかないと、日本の政治は危うくなると思う。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unisuke67.blog.fc2.com/tb.php/179-7dbbf4cf