レポートの字数は、単位数によって決まっています。
ほとんどの科目が4000字以内になると思います。

始めの頃は、きっちりと守っていました。
ところが、どうしても字数を超えざるを得ない科目に取り組んでから、
あまり気にすることがなくなり、大体7~8000字で書くようになっていました。

専門科目も後半に入ると、憲法・民法・刑法やその周辺科目が土台になっていますから、
おのずとレポートで触れる内容も異なります。
私はそこに気づかず、基本的な部分もだらだらと書いたため、3年目・4年目配本科目のレポートでは、
たびたび、「要点を見極める力を養うこと」「卒論ではこうはいかない」など指摘を受けました。

大半の方は字数を守ってらっしゃると思います。
もし私のような方がいらっしゃれば、早めに字数を守ることをおすすめします。
そうすれば、問題をどう読むか、真に述べなければならないポイントは何か、それをどう簡潔・的確に表現するべきか、
何を捨てるべきかが分かるようになると思います。
これは、学問だけに限らず、広く他者とコミュニケートする社会生活において役立つ能力になるかと思います。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unisuke67.blog.fc2.com/tb.php/248-5fa027a1