コミュニケーション論と同じく、自ら課題設定し、科学的な根拠をもとに客観的な解決策を提示する、主体的に取り組みことが楽しかった科目です。

テキストは他の社会政策本よりもレポ課題に対応しており、エッセンスを押さえた良書だと思いました。

新聞、ネット、テレビ、体験などあらゆるメディアでの論調を題材にできますが、それを客観的にどう捉えるか、何のデータをどこからどこまで抽出するか、抽出した材料をどういった視点でどこから課題を浮き上がらせるか、提示した内容は全体の社会政策の中でどう位置付けられるか。このような点を吟味し、組み立てるのが面白い科目でした。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unisuke67.blog.fc2.com/tb.php/270-939a1856