2014.09.03 2014夏スク終了
ご無沙汰しております。
生きていますし、勉強も継続しています。
パソコンの調子が、今も悪く、更新がしづらい状況が続いておりました。
失礼しました。

夏スクが終わりました(秋の気配が見え始めた今、出遅れたネタではありますが)。

○経済法
受講生は約30人ほど。出欠は取らず、先生はしゃべりまくります。
判例の内容が、次から次へ最初から最後までどんどん出てきます。
試験は、記述式3問。ヒントは講義中に出してくれますが、ガチの試験でした。
持ち込み可ですが、流れるように書かないと時間が足りなくなる
おそれがあります。
いろんな企業の側面を見ることができ、面白い科目だと思います。

○経済原論
経済法と同じ教室。大部屋は受講生でいっぱい。
先生は、難しい式を使うことなく、法学部生である私にも非常に
分かりやすく説明してくださいました。出欠は取りません。
試験は、記号問題や簡単な計算問題など。
講義中にヒントをくれますが、実際の問題は、少しひねっており、
外した問題がそれなりにありました(T_T)
結果が怖い・・・

あとは学内での映画上映会に出席したり、図書館オリエンテーリングに参加したり、、
いろんな方と出会い、結局、毎日飲んで、そんなこんなで終わった暑い夏とスクーリング。
学生生活の思い出の一ページになるかな・・・
    
       

今日は卒業オリエンテーションに参加しました。
テーマ設定は、先行研究の有無、現在進行形の議論の有無、法改正の動きが法制審議会等で行われていないかに留意するとのお話がありました。仕事などの経験を踏まえるのは結構だが、こだわり過ぎないこともアドバイスいただきました。
文献資料の整理は、当初は時系列でも構わないが、論点毎に分類するべきとのことでした。
作成は比較的短期間での作成が飽きないので好ましいようです。

脚注の書き方は、『法律文献等の出典の表示方法』を参考にすると良いそうです。ググればヒットするとのことです。

今日は先輩方の卒論も拝見。写真も許可を取って収めることができて参考になった反面、ホンマにこんな立派な論文ができるのかなぁと不安になりました。

個別相談会では、教授からアドバイスをいただき、テーマの道筋がぼんやりと開けてきました。

とりあえずは体系的な知識習得に努め、いずれは先輩方に続きたいな。

これは通学課程の方が書いた論文集で章立て、書き方など参考になります。4号館の一階ロビーにあり、自由に持って帰ることができます。

今日、夏スク受講票が届きました。
昨日記事を書いたところだけど、これで決定。
一期 経済法と経済原論を受講します。
ホテル抑えたけど、新幹線学割証まだ先かな?
あとは体調管理を気をつけないと。
思えば夏スク科目について、記録していませんでした。

1期 経済法 と 経済原論 を申告しました。

経済原論は昨年度迷って見送った科目でした。

法学部だけど、経済重視の世の中だから経済にも視野を広げたい・・

出席関係無しだから、いっそう頑張らねば・・

暑い夏スクはもうすぐ。

※今日の一曲
  That summer feeling / BMX Bandits

 
先日、要綱が送られてきてから、科目迷いがあるのと仕事の未確定スケがあるために決めていません。

卒論を見据え、3期の行政法で、あらかじめ先生の雰囲気を確かめたい気持ちがあるが、後半が決まらない。
日本政治論や財政論辺りとなるが、試験の評判がどうかと・・。いずれもテキスト科目。
わざわざ行くには、やはり興味よりも現実の単位に結びつくことを優先しなければなりません。

1期は、昨年見送った経済原論がある。テキストでも取ることができる。ただ、2回レポと2回試験は面倒くさい。
テキストは分厚い。スクの先生の評判は、良さそう。前半はどこにするか。経済法で競争政策はどう出るか、欠点はどこかに興味があります。

要は、仕事のスケ次第。
一応、宿泊だけは1期と3期を先に押さえました。